地域情報

特産品リスト

 

 

佃煮

 

おいしさの探求”霞ヶ浦・北浦からのおくりもの”

全国2位の湖水面積を誇る霞ヶ浦と、それにつながる北浦の周辺地域においては、湖産のはぜ、えび、わかさぎ、鮒などを使った佃煮・煮干・焼きもの等水産加工品の製造がさかんに行われてきており、現在に至るまで地域の特産物として消費者の皆様から親しまれております。
江戸時代から製造が始まったと伝えられる佃煮は、カルシウムなどのミネラルが大変豊富な食品です。
吟味した調味料で丹精込めて作った佃煮は、自然が育む滋養に富んだ食品として、今日まで日本人の食文化を担い続けています。

               特産品リスト                                                                        佃煮                     果物                                                                                                  佃煮                               おいしさの探求”霞ヶ浦・北浦からのおくりもの”               全国2位の湖水面積を誇る霞ヶ浦と、それにつながる北浦の周辺地域においては、湖産のはぜ、えび、わかさぎ、鮒などを使った佃煮・煮干・焼きもの等水産加工品の製造がさかんに行われてきており、現在に至るまで地域の特産物として消費者の皆様から親しまれております。                 江戸時代から製造が始まったと伝えられる佃煮は、カルシウムなどのミネラルが大変豊富な食品です。                 吟味した調味料で丹精込めて作った佃煮は、自然が育む滋養に富んだ食品として、今日まで日本人の食文化を担い続けています。                                                                                                                                                                             焼きわかさぎ                     えび佃煮                     はぜ佃煮                                                                                                                                                                                                           わかさぎ甘露煮                     佃煮詰合せ                                                                                                  果物                               梨(なし)                                                                         みずみずしくて甘いフルーツの王様。                       かすみがうら市は、百年以上も前から梨が栽培され、県内でも指折りの梨栽培の地域です。                       梨は、水分が多く甘味と酸味の両方を持つため、疲労回復や夏バテにも効果があるといわれています。                       市内では8月中旬から10月下旬まで、梨狩りが楽しめます。                                                                                                       栗(くり)                                                                         かすみがうら市産の栗は、ふっくらとして大きく、そして甘味のある栗です。                       特に、生産量は県内随一。煮てよし、ゆでてよし、焼いてよし。胃腸を丈夫にしたり、血液の流れをよくしたりする効能があるといわれています。                       栗拾いは、9月上旬から10月下旬まで楽しめます。                                                                                                       ぶどう                                                                         かすみがうら市では、主に巨峰が栽培されています。                        大粒で香りがよくて甘い、三拍子そろった巨峰。果皮離れがよく、食べやすいので多くの世代に人気のぶどうです                       巨峰狩りは毎年8月中旬から10月中旬頃まで楽しめます。                                                                                                       柿(かき)                                                                         ビタミンがいっぱい入って栄養満点です。特にビタミンA・B・Cを多く含んでいます。                       また、柿の含む成分には利尿作用があるため、「二日酔いにいい」といわれます。                       昔から日本人にはなじみのあるくだもののひとつ。                       「柿が赤くなると、医者が青くなる」とうくらい栄養が満点。                       9月上旬から11月下旬まで市内で柿狩りが楽しめます。                                                                                                       いちご                                                                         甘くて元気な赤い実が特徴のかすみがうら市のいちご。                       ビタミンCがたっぷり含まれており、風邪の予防や美肌効果に最適。                       12月下旬から5月下旬までいちご園がオープンしています。                                                                                                       ブルーベリー                                                                         ジャムやジュースなどの加工品で有名なブルーベリー。そのブルーベリーを自分たちの手で摘み取ってみませんか。                       かすみがうら市では近年ブルーベリー栽培が始まり、多くの方たちに楽しんでいただいております。                       「目に良いフルーツ」としてだけでなく、成人病や老化にも効果があるといわれています。                       ブルーベリーの摘み取りは6月中旬から8月中旬まで楽しむことができます。                                                                                                                                     特産品リスト                                                                        佃煮                     果物                                                                                                  佃煮                               おいしさの探求”霞ヶ浦・北浦からのおくりもの”               全国2位の湖水面積を誇る霞ヶ浦と、それにつながる北浦の周辺地域においては、湖産のはぜ、えび、わかさぎ、鮒などを使った佃煮・煮干・焼きもの等水産加工品の製造がさかんに行われてきており、現在に至るまで地域の特産物として消費者の皆様から親しまれております。                 江戸時代から製造が始まったと伝えられる佃煮は、カルシウムなどのミネラルが大変豊富な食品です。                 吟味した調味料で丹精込めて作った佃煮は、自然が育む滋養に富んだ食品として、今日まで日本人の食文化を担い続けています。                                                                                                                                                                             焼きわかさぎ                     えび佃煮                     はぜ佃煮                                                                                                                                                                                                           わかさぎ甘露煮                     佃煮詰合せ                                                                                                  果物                               梨(なし)                                                                         みずみずしくて甘いフルーツの王様。                       かすみがうら市は、百年以上も前から梨が栽培され、県内でも指折りの梨栽培の地域です。                       梨は、水分が多く甘味と酸味の両方を持つため、疲労回復や夏バテにも効果があるといわれています。                       市内では8月中旬から10月下旬まで、梨狩りが楽しめます。                                                                                                       栗(くり)                                                                         かすみがうら市産の栗は、ふっくらとして大きく、そして甘味のある栗です。                       特に、生産量は県内随一。煮てよし、ゆでてよし、焼いてよし。胃腸を丈夫にしたり、血液の流れをよくしたりする効能があるといわれています。                       栗拾いは、9月上旬から10月下旬まで楽しめます。                                                                                                       ぶどう                                                                         かすみがうら市では、主に巨峰が栽培されています。                        大粒で香りがよくて甘い、三拍子そろった巨峰。果皮離れがよく、食べやすいので多くの世代に人気のぶどうです                       巨峰狩りは毎年8月中旬から10月中旬頃まで楽しめます。                                                                                                       柿(かき)                                                                         ビタミンがいっぱい入って栄養満点です。特にビタミンA・B・Cを多く含んでいます。                       また、柿の含む成分には利尿作用があるため、「二日酔いにいい」といわれます。                       昔から日本人にはなじみのあるくだもののひとつ。                       「柿が赤くなると、医者が青くなる」とうくらい栄養が満点。                       9月上旬から11月下旬まで市内で柿狩りが楽しめます。                                                                                                       いちご                                                                         甘くて元気な赤い実が特徴のかすみがうら市のいちご。                       ビタミンCがたっぷり含まれており、風邪の予防や美肌効果に最適。                       12月下旬から5月下旬までいちご園がオープンしています。                                                                                                       ブルーベリー                                                                         ジャムやジュースなどの加工品で有名なブルーベリー。そのブルーベリーを自分たちの手で摘み取ってみませんか。                       かすみがうら市では近年ブルーベリー栽培が始まり、多くの方たちに楽しんでいただいております。                       「目に良いフルーツ」としてだけでなく、成人病や老化にも効果があるといわれています。                       ブルーベリーの摘み取りは6月中旬から8月中旬まで楽しむことができます。                                                                                                                                     特産品リスト                                                                        佃煮                     果物                                                                                                  佃煮                               おいしさの探求”霞ヶ浦・北浦からのおくりもの”               全国2位の湖水面積を誇る霞ヶ浦と、それにつながる北浦の周辺地域においては、湖産のはぜ、えび、わかさぎ、鮒などを使った佃煮・煮干・焼きもの等水産加工品の製造がさかんに行われてきており、現在に至るまで地域の特産物として消費者の皆様から親しまれております。                 江戸時代から製造が始まったと伝えられる佃煮は、カルシウムなどのミネラルが大変豊富な食品です。                 吟味した調味料で丹精込めて作った佃煮は、自然が育む滋養に富んだ食品として、今日まで日本人の食文化を担い続けています。                                                                                                                                                                             焼きわかさぎ                     えび佃煮                     はぜ佃煮                                                                                                                                                                                                           わかさぎ甘露煮                     佃煮詰合せ                                                                                                  果物                               梨(なし)                                                                         みずみずしくて甘いフルーツの王様。                       かすみがうら市は、百年以上も前から梨が栽培され、県内でも指折りの梨栽培の地域です。                       梨は、水分が多く甘味と酸味の両方を持つため、疲労回復や夏バテにも効果があるといわれています。                       市内では8月中旬から10月下旬まで、梨狩りが楽しめます。                                                                                                       栗(くり)                                                                         かすみがうら市産の栗は、ふっくらとして大きく、そして甘味のある栗です。                       特に、生産量は県内随一。煮てよし、ゆでてよし、焼いてよし。胃腸を丈夫にしたり、血液の流れをよくしたりする効能があるといわれています。                       栗拾いは、9月上旬から10月下旬まで楽しめます。                                                                                                       ぶどう                                                                         かすみがうら市では、主に巨峰が栽培されています。                        大粒で香りがよくて甘い、三拍子そろった巨峰。果皮離れがよく、食べやすいので多くの世代に人気のぶどうです                       巨峰狩りは毎年8月中旬から10月中旬頃まで楽しめます。                                                                                                       柿(かき)                                                                         ビタミンがいっぱい入って栄養満点です。特にビタミンA・B・Cを多く含んでいます。                       また、柿の含む成分には利尿作用があるため、「二日酔いにいい」といわれます。                       昔から日本人にはなじみのあるくだもののひとつ。                       「柿が赤くなると、医者が青くなる」とうくらい栄養が満点。                       9月上旬から11月下旬まで市内で柿狩りが楽しめます。                                                                                                       いちご                                                                         甘くて元気な赤い実が特徴のかすみがうら市のいちご。                       ビタミンCがたっぷり含まれており、風邪の予防や美肌効果に最適。                       12月下旬から5月下旬までいちご園がオープンしています。                                                                                                       ブルーベリー                                                                         ジャムやジュースなどの加工品で有名なブルーベリー。そのブルーベリーを自分たちの手で摘み取ってみませんか。                       かすみがうら市では近年ブルーベリー栽培が始まり、多くの方たちに楽しんでいただいております。                       「目に良いフルーツ」としてだけでなく、成人病や老化にも効果があるといわれています。                       ブルーベリーの摘み取りは6月中旬から8月中旬まで楽しむことができます。                                                                                                         
焼きわかさぎ えび佃煮 はぜ佃煮
写真                特産品リスト                                                                        佃煮                     果物                                                                                                  佃煮                               おいしさの探求”霞ヶ浦・北浦からのおくりもの”               全国2位の湖水面積を誇る霞ヶ浦と、それにつながる北浦の周辺地域においては、湖産のはぜ、えび、わかさぎ、鮒などを使った佃煮・煮干・焼きもの等水産加工品の製造がさかんに行われてきており、現在に至るまで地域の特産物として消費者の皆様から親しまれております。                 江戸時代から製造が始まったと伝えられる佃煮は、カルシウムなどのミネラルが大変豊富な食品です。                 吟味した調味料で丹精込めて作った佃煮は、自然が育む滋養に富んだ食品として、今日まで日本人の食文化を担い続けています。                                                                                                                                                                             焼きわかさぎ                     えび佃煮                     はぜ佃煮                                                                                                                                                                                                           わかさぎ甘露煮                     佃煮詰合せ                                                                                                  果物                               梨(なし)                                                                         みずみずしくて甘いフルーツの王様。                       かすみがうら市は、百年以上も前から梨が栽培され、県内でも指折りの梨栽培の地域です。                       梨は、水分が多く甘味と酸味の両方を持つため、疲労回復や夏バテにも効果があるといわれています。                       市内では8月中旬から10月下旬まで、梨狩りが楽しめます。                                                                                                       栗(くり)                                                                         かすみがうら市産の栗は、ふっくらとして大きく、そして甘味のある栗です。                       特に、生産量は県内随一。煮てよし、ゆでてよし、焼いてよし。胃腸を丈夫にしたり、血液の流れをよくしたりする効能があるといわれています。                       栗拾いは、9月上旬から10月下旬まで楽しめます。                                                                                                       ぶどう                                                                         かすみがうら市では、主に巨峰が栽培されています。                        大粒で香りがよくて甘い、三拍子そろった巨峰。果皮離れがよく、食べやすいので多くの世代に人気のぶどうです                       巨峰狩りは毎年8月中旬から10月中旬頃まで楽しめます。                                                                                                       柿(かき)                                                                         ビタミンがいっぱい入って栄養満点です。特にビタミンA・B・Cを多く含んでいます。                       また、柿の含む成分には利尿作用があるため、「二日酔いにいい」といわれます。                       昔から日本人にはなじみのあるくだもののひとつ。                       「柿が赤くなると、医者が青くなる」とうくらい栄養が満点。                       9月上旬から11月下旬まで市内で柿狩りが楽しめます。                                                                                                       いちご                                                                         甘くて元気な赤い実が特徴のかすみがうら市のいちご。                       ビタミンCがたっぷり含まれており、風邪の予防や美肌効果に最適。                       12月下旬から5月下旬までいちご園がオープンしています。                                                                                                       ブルーベリー                                                                         ジャムやジュースなどの加工品で有名なブルーベリー。そのブルーベリーを自分たちの手で摘み取ってみませんか。                       かすみがうら市では近年ブルーベリー栽培が始まり、多くの方たちに楽しんでいただいております。                       「目に良いフルーツ」としてだけでなく、成人病や老化にも効果があるといわれています。                       ブルーベリーの摘み取りは6月中旬から8月中旬まで楽しむことができます。                                                                                                         
わかさぎ甘露煮 佃煮詰合せ

 

 

果物

 

梨(なし)

みずみずしくて甘いフルーツの王様。
かすみがうら市は、百年以上も前から梨が栽培され、県内でも指折りの梨栽培の地域です。
梨は、水分が多く甘味と酸味の両方を持つため、疲労回復や夏バテにも効果があるといわれています。
市内では8月中旬から10月下旬まで、梨狩りが楽しめます。

写真

 

栗(くり)

かすみがうら市産の栗は、ふっくらとして大きく、そして甘味のある栗です。
特に、生産量は県内随一。煮てよし、ゆでてよし、焼いてよし。胃腸を丈夫にしたり、血液の流れをよくしたりする効能があるといわれています。
栗拾いは、9月上旬から10月下旬まで楽しめます。

写真

 

ぶどう

かすみがうら市では、主に巨峰が栽培されています。 
大粒で香りがよくて甘い、三拍子そろった巨峰。果皮離れがよく、食べやすいので多くの世代に人気のぶどうです。
巨峰狩りは毎年8月中旬から10月中旬頃まで楽しめます。

写真

 

柿(かき)

ビタミンがいっぱい入って栄養満点です。特にビタミンA・B・Cを多く含んでいます。
また、柿の含む成分には利尿作用があるため、「二日酔いにいい」といわれます。
昔から日本人にはなじみのあるくだもののひとつ。
「柿が赤くなると、医者が青くなる」とうくらい栄養が満点。
9月上旬から11月下旬まで市内で柿狩りが楽しめます。

写真

 

いちご

甘くて元気な赤い実が特徴のかすみがうら市のいちご。
ビタミンCがたっぷり含まれており、風邪の予防や美肌効果に最適。
12月下旬から5月下旬までいちご園がオープンしています。

写真

 

ブルーベリー

ジャムやジュースなどの加工品で有名なブルーベリー。そのブルーベリーを自分たちの手で摘み取ってみませんか。
かすみがうら市では近年ブルーベリー栽培が始まり、多くの方たちに楽しんでいただいております。
「目に良いフルーツ」としてだけでなく、成人病や老化にも効果があるといわれています。
ブルーベリーの摘み取りは6月中旬から8月中旬まで楽しむことができます。

写真