新着情報

旧小学校活用の事業提案(廃校施設の活用事業者)募集開始について

 かすみがうら市では、小中学校適正規模化実施計画に基づき学校統合を推進しており、統合後の空き校舎や跡地の利活用については、公の施設としての転用または民間への売却など、施設を生かした有効利用を最優先に検討しています。

 このたび、平成28年3月をもって廃校となった小学校施設(下大津小学校、牛渡小学校、佐賀小学校、安飾小学校、志士庫小学校)について、その活用事業の提案を募集し、優先交渉権者等を選定することとしました。事業の規模拡張や新規事業などをお考えの企業等におきましては、廃校施設の活用をご検討いただき、地域活性化につながる事業計画をぜひご提案くださるようお願いいたします。

 本件の詳細については、下部リンクよりかすみがうら市のHPをご参照下さい。

  旧小学校活用の事業提案(廃校施設の活用事業者)を募集します